漫画の専門学校

漫画の専門学校のオープンキャンパスに参加するべき3つのメリット

オープンキャンパスとは、学校法人が入学希望者に向けて施設内を公開したり、授業を体験できるといった入学促進のために開催するイベントのことを言います。

主に大学、高等学校、専門学校でも開催されており、体験入学やオープンスクールなどと呼ぶこともありますが、意味は大体同じです。

内容としては授業の体験や在学生や教職員による紹介、質問の受付や相談、学校案内や試験に関わる書類の配布などです。

今回紹介していくのは「漫画の専門学校」のオープンキャンパスについて。

漫画の専門学校ではそもそもオープンキャンパスを行っているのか、その内容はどんなものなのかなど、気になるポイントをまとめて参加するメリットについても説明していきます。

漫画の専門学校のオープンキャンパスに行こう

そもそもオープンキャンパスは行っているのか

大学や高等学校だけでなく専門学校でももちろんオープンキャンパスは行われており、その内容は学校の授業内容によって様々。

実際の授業を体験できたり、教職員やゲスト、在学生による学校紹介や直接話を聞ける機会はそうそうないでしょう。

インターネット・SNSの普及により、手軽に紙媒体以外の学校情報を得られるようにはなりましたが、やはりこうした生きた情報は自分で直接行くことでしか手に入らないものです。

行きたい学校、興味がある学校がある場合は、オープンキャンパスがあるかどうかチェックしてみたほうがよいでしょう。

オープンキャンパスの回数も複数回行っている学校が多いようで、個別に訪れて対応してくれる学校もあるようです。

オープンキャンパスの内容とは

学ぶ内容に専門性のある学校であれば、オープンキャンパスで開催される内容もまた、専門性のある内容になっていくのは当然のことです。

漫画の専門学校のオープンキャンパスの内容について調べてみました。

まず基本的な、学長や教職員、在学生による学校紹介や相談。

入学するにあたり、気になる授業内容や学校の雰囲気を知ったり、校内・施設の見学や紙媒体の学校案内や願書などの必要書類をもらえることもあります。

次に多いのが、卒業生や第一線で活躍する漫画家やデザイナー、イラストレーターによる講演です。

漫画家という厳しい職業だからこそ、業界についての詳しい話や職業の適正について考えるきっかけや指針となるでしょう。

話を聞くだけでなく、在学生や卒業生の作品を見たり、作品を持ち込んでプロや講師に講評してもらうといった刺激をもらえる機会はなかなかないのでおすすめです。

他にも体験授業などを行っていたり、業界そのものの体験ツアーといった面白いイベントを行っている学校もあるようです。

また、入学して数年間通うことになる専門学校に、自宅から直接足を運んでみることも大切なことです。

オープンキャンパスにはいつ参加するのか

高校3年になって受験を目前に控えてから進路について考え出すと、焦って進路を決めることになりかねません。

高校入試が終わったばかりでは、オープンキャンパスにいこうと言われてもピンとこないかもしれませんが、あえてここでは「オープンキャンパスへはなるべく早く、たくさん行こう」とおすすめします。

高校1年、2年から行き始めると沢山の専門学校を訪れ比較することができますし、気になった学校があれば何度も訪れることもできます。

オープンキャンパスには誰と行くか

正直なところ、オープンキャンパスへは誰といっても問題はありません。

一人で参加するのも問題はなく、同じ進路を希望する友人と参加したという口コミも多くみられます。

しかし進学費用も含め最終的な相談ができるのは、やはり親である保護者。

大切な進路を決めるのに、自分とは違う第三者の視点があるのもまた心強いものです。

しかし漫画の専門学校は体験型の内容も多いので、保護者が同行している場合は待機時間が長くなってしまうというデメリットがあります。

以上から、オープンキャンパスの内容によって同行者を決めるのが一番良いでしょう。

オープンキャンパスの服装・持ち物とは

私服で行っても問題はありませんが、個別の相談などがある少し畏まったようなオープンキャンパスの場合は間違いのない正装である制服で行く学生が多いようです。

しかし体験授業などがある場合は、動きやすい私服や周囲から浮かない程度のキレイめの服装で参加するのが望ましく、清潔感も大切にして下さい。

持ち物は筆記用具やメモ帳を忘れずに持参しましょう。

質問がある場合は事前に記入しておくと聞き漏らしがなく安心です。

携帯電話やお金を忘れずに、パンフレットなどが入る少し大きめのバッグを準備しておくと便利です。

体験授業などで他にも必要なものがあるときは、事前に確認・準備しておきましょう。

メリットだらけのオープンキャンパス

オープンキャンパス参加による3つのメリット

以上を踏まえ、漫画の専門学校のオープンキャンパスに参加することによるメリットは、大きくわけて3つあります。

1つは漫画家と業界の実際の空気に触れることができること。

言わずと知れた厳しい世界である漫画家という職業で、あえて専門学校へ通うことを希望しているのなら、在校生や卒業生から触れられる情報そのものが、進路を考える大きな指針となるでしょう。

また、オープンキャンパスではプロの漫画家や編集者から話を聞けたり、作品を講評してもらえるといったイベントもあります。

2つ目は実際の学校を知れること。

通学経路を確認することは大切なこと。

入学してみてから現実的に通える距離ではなかったと気づいては後の祭りです。

また、学校の雰囲気がイメージしていたものと違うなどといった現実との乖離も防ぐことができるでしょう。

3つ目は講師、在校生やほかの志望者の雰囲気がわかること。

学校についての話が聞けて質問・相談ができるオープンキャンパスでは、気になる授業内容や学校生活について、就職状況や金銭面について突っ込んだ話ができます。

早めかつ複数回参加すると学校についての理解が深まる他、ほかの学校との比較も行えます。

書面やネットではわからない生の声が聞ける点もオープンキャンパスに参加するメリットのひとつです。

まとめ

自分の人生について、進学は大切な節目となります。

それが漫画家という専門的な分野の職業であれば、希望も心配も沢山抱えてしまうものです。

そんな進路を決める指針となる大切な機会として、オープンキャンパスは大変便利です。

様々な漫画の専門学校で年複数回行われているオープンキャンパスでは、学校の案内や施設紹介だけでなく、在校生や卒業生の作品を見たり、特別な講演会や体験授業など沢山の企画がありますので、是非早いうちから参加して、理解を深めていきましょう。

おすすめ