漫画の専門学校

漫画の専門学校を選ぶ上で失敗するリスクを軽減させる考え方や行動


Warning: file(https://www.fpcu.jp/gimg_url_list.txt): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/officesv/fpcu.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 9

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/officesv/fpcu.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 13

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/officesv/fpcu.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_before_h2.php on line 13

Warning: file(https://www.fpcu.jp/gimgtop_url_list.txt): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/officesv/fpcu.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_top.php on line 8

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/officesv/fpcu.jp/public_html/wp-content/plugins/customfunction_matome/customfunction_gimg_top.php on line 9

明確な目的があって選ぶことが多いのが専門学校となっているのですが、現在では様々な分野の専門学校が多く開校されています。

それは漫画の専門学校も同様となっており、どこの専門学校を選べばいいのか迷ってしまう方も少なくないと思いますので、この記事では漫画の専門学校を決める上で失敗するリスクを軽減させる考え方を中心に紹介していきます。

漫画の専門学校を決める上で失敗するリスクを軽減させる考え方や行動

漫画の専門学校をどこにするのか決める場合、学費の高さ通う期間の長さなどを考えると、安易な情報や評判だけで決めてしまうと後々の後悔に繋がってしまう可能性がありますし、漫画家としてのデビューそのものが実現困難な状態に陥ってしまう可能性もあります。

そんな失敗や後悔を避けるためにも、ここでは漫画の専門学校を決める上で失敗するリスクを軽減させる考え方や行動について紹介していきます。

通う期間やカリキュラムなどを詳しく調べる

漫画の専門学校は、多くの学校が2年制となっているのですが、中には3年制や4年制、夜間の週末のみなど複数のパターンがあります。

この通学する期間によってカリキュラムも異なってきますし、将来設計も大きく変わってきますので、漫画の専門学校に通うことを決めた際は通学する期間やカリキュラムなどを詳しく調べておく必要があります。

また、これらの違いは学費や交通費、生活費全般に直結してくることとなっており、専門学校のおおよその学費は年間で100万円前後となっていますので、2年制の短期集中型なのか、それとも4年制のじっくり習得するのかは学習スピードやカリキュラムの内容と学費などの必要経費を比較検討して自分に適した学校を選ぶようにすると後悔などのリスクを減らすことができます。

体験入学などを利用して相性の良さを確認する

進学する学校を選ぶ場合、学校を紹介するパンフレットやホームページなどの情報は参考資料の一つではあるのですが、そういった情報は学校にとってプラスになる部分しか載せていない場合がありますし、学校の雰囲気や環境は実際に肌で感じてみないと分からない部分となっています。

その中でも、専門的な道具などの設備を必要とする場合が多い専門学校では、その部分での差によって学べるスキルも異なってくる場合がありますし、教育方針が自分に適しているのかも体験してみないと分からない部分が大いにあります。

そのため、実際に学校の環境や雰囲気を知ることができる体験入学や体験授業などを積極的に受けるようにし、体験することで得られるフィーリングを大切しながら専門学校を決めるもの選ぶ上でのポイントとなっています。

ただし、体験入学や体験授業は入学者を増やしたいという目的で行われる場合が多く、その時だけ有名な漫画家やクリエーターが特別に授業を行う場合がありますので、普段の雰囲気を知るためにも日常的に行われている授業を体験することが重要なポイントです。

自分の考えや目標をしっかりと定める

漫画の専門学校のみならず、専門学校に入学しようと考えている方は目的や目標を持って専門学校を選ぶことが多いと思うのですが、この目的や目標を現実のものにするためにも自分にとって必要なスキルが得られる専門学校を選ぶことが重要となっています。

漫画の専門学校では、ほとんどが2年制が多くなっており、初年度は基礎を学んでいき、2年目で漫画家としてのデビューに向けて活動するという流れになっています。

しかし、専門学校によって基礎を教える方法として独自のカリキュラムを組んでおり、作風や得意分野なども学校によって異なっている場合があります。

そのため、自分がどんな分野で活躍したいのかを明確にし、それに相応しい知識や技術を学ぶことができる学校を選ぶことが重要となっています。

学校周辺の利便性を重きに考えた選び方

最低でも2年間という決して短くない期間は通う必要がある漫画の専門学校は、生活しやすい環境の学校に通いたいと思うのは当然だと思うのですが、必要以上に周辺の環境が充実し過ぎてしまうと遊びたいという欲が生まれてしまう場合がありますし、実際に専門学校の勉強よりも遊ぶことを優先してしまって漫画家としてのデビューを諦めてしまうという方も少なくないと思います。

遊びたい気持ちに流されるのは、その時点で漫画家としてデビューを目指す気持ちが元々弱いと言われてしまえばそれまでなのですが、より漫画家デビューに向けて一心不乱に邁進していくためにも遊び場が多い場所から離れている環境がおすすめです。

ただし、これは目標に向かう気持ちを妨げてしまう遊び場に関してのことだけですので、日常生活を送る上で必要な食料などの買い物が便利な環境は、余計なストレスを与えないという結果に繋がりますので、漫画の勉強をする上での利便性は大切にしてください。

まとめ

この記事では、漫画の専門学校を決める上での専失敗するリスクを軽減させる考え方を中心に紹介してきましたが、門学校では入学金や授業料などの金銭的な情報も生活に直結する重要な要素となっていますので、各学校の入学金や授業料、奨学金、学生ローンなどもしっかりと確認し、心置きなく学ぶことができる環境を事前に整えてから自分に合った専門学校を選ぶようにしてください。

おすすめ