【並木杏梨】なかなか良いが – Ma○ko Device Bondage 鉄拘束マ○コ拷問 並木杏梨

FANZAのエロ動画レビュー

Ma○ko Device Bondage 鉄拘束マ○コ拷問 並木杏梨

『Anal Device Bondage』シリーズのマ○コバージョンがついに始動。

全裸の「並木杏梨」が本物の鉄製拘束具によって完全拘束され、容赦ないマ○コ責めを繰り広げられる。

拘束マ○コ拡張、空中拘束SEX、ムチ、イラマ、ビンタ、蝋燭責め…マ○コ拷問の数々によって心もマ○コも完全に支配されてしまう。

「Ma○ko Device Bondage 鉄拘束マ○コ拷問 並木杏梨」の本編動画はこちらから

女優名: 並木杏梨

本射ゆえに許容範囲。

クスんだ肌で、妙に加齢感が漂っていたため敬遠していたが、6年振りに「杏梨」嬢の作品を観て感銘。

かなり良い調教と、M性の躾を施されて来た感じが好印象。

最後の腹射も本射であったため、本気度も感じた。

好みのプレイだと思う方には申し訳ありませんが

バストラインが綺麗な女優さんですので、うつ伏せで天井から吊るされた状態の第2チャプターと立て膝状態で拘束されている第3チャプターが見どころです。

特に第3チャプターでアタッチメント付き固定電マで放置され綺麗なバストが小刻み震える画は素晴らしかったです。

しかし早送りした場面も多く特に第3チャプターなどは、鼻フックだけならまだしもこよりを使ってクシャミをさせるプレイなど論外チャプターの半分以上費やしたのが残念でした。

第2チャプターも吊られた状態で乳首クリップを取り付けられた状態で鞭責め出来ればここで、下の口もバイブで固定して欲しかったハードプレイがコンセプトだと思いますので、厳しいレビューになってしまいましたが、星3つにするか、星4つにするか迷いましたがこより責めや鼻フックが好みの方であれば、まあ楽しめる作品であると思います。

なかなか良いが

M○○Device・・M○○を責めるためのDeviceではなくて、M○○責めをするための拘束Device・・と言うこと??それはさておき、責めそのものは特筆することはないが、並木杏梨さんはよくとけこんでいてすばらしい。

なかなかのできである。

ただ、どうしてこんなに薄暗く撮る? 肌がきれいに映らないようではだめ。

雰囲気というかもしれないが、自分で(責めを)やっても、肌がよく見えないのでは意味がないのでは。

「Ma○ko Device Bondage 鉄拘束マ○コ拷問 並木杏梨」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました