【盛川あきこ】父娘モノとして見れば大傑作。 – MY MARIONETTE #1 盛川あきこ 君は、あやつり肉人形。

FANZAのエロ動画レビュー

MY MARIONETTE #1 盛川あきこ 君は、あやつり肉人形。

プレステージ専属女優『元着エロアイドル・盛川あきこ』をエロい命令で操る!SM女王にインカムで指示されながらドM男を甚振り、次は催●に掛けられ水着姿オナニーでイク!角度を変えながら執拗に打ち込まれ受身で悶える!泣きそうになりながらハメられ、最後は大泣き。

「MY MARIONETTE #1 盛川あきこ 君は、あやつり肉人形。」の本編動画はこちらから

女優名: 盛川あきこ

えっ!引退作がこれ?

インタビューから始まり、そのインタビューで<毎日パチンコ通い>とAVを観る側としては、まったくエロい妄想が膨らまない話を結構長めに話します。

その後はM男とのカラミなのですが、女優もMなのでまったく面白みがないです。

ただオヤジが汚いだけです。

それ以降はくだらない催●術をかけましたの体で進行していきます。

救いは最後のカラミが催●術で父親との親近相姦といった設定ですが、それくらいの年の差の男優だったのでぼちぼち楽しめました。

ですが、引退作でこの内容とはデビュー作が良かっただけに非常に残念です。

着エロアイドルのおしっこを直でガブ飲み

人気着エロアイドル「盛川あきこ」のAVデビュー第3弾および引退作。

オープニングのインタビューでは、着エロとの違いを「あからさまな自分を出せる」と表現。

前半は、ベテラン女王様指導の下で、実際にSMクラブで体験入店をする。

中年の変態客のリクエストで、ついに放尿プレイを解禁。

「着エロアイドルのおしっこを直(マ○コ→口)でガブ飲みする」というシチュエーションは、なかなかに刺激的である。

そして、後半は、プロの催●術師を迎えての催●FUCK。

ややベタな企画ではあるが、トランス状態でわけも分からずにハメ倒される姿は、実に背徳的というべきか。

父娘モノとして見れば大傑作。

後半の催●術で幼少期に生き別れた、大好きだった父親と再会してSEX、これが最高。

「久し振りだね」「まだ煙草吸ってんだ」「っていうかお父さんのこんなんだったっけ?面白いね」「私ってこうやって生まれてきたんだ、不思議。

」・・・。

完全に父親と誤認してるので、娘からでる言葉が生々しく、父への恥じらいぶりも自然。

演技を超えたシチュエーション。

父娘モノと思えば大傑作。

「MY MARIONETTE #1 盛川あきこ 君は、あやつり肉人形。」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました