【芦名ユリア】凌●し甲斐があるし,見映えもします – 恥辱のショータイム 芦名ユリア

FANZAのエロ動画レビュー

恥辱のショータイム 芦名ユリア

金融会社に勤める芦名ユリア。

その会社は借金が払えない男の娘を、公開凌●ショーに出演させていた。

ある日、ユリアは名簿に弟の名前を見つける。

とても払えない金額。

弟の借金を肩代わりするため、ショーに出る契約に捺印する。

ストリップ、オナニーショー、強●失禁、連続フェラ発射ショー。

最大の恥辱は弟の中出し…。

「恥辱のショータイム 芦名ユリア」の本編動画はこちらから

女優名: 芦名ユリア

羞恥の表情が良い

長らく小生の「お気に入りリスト」に入っていたので処分しようか、と思ったが思いなおして購入した。

 このところ駄作の購入が続いたので期待はしなかったのだが、予期に反して良作であった。

 前半55分頃までは凌●の繰り返しで少々退屈したが、後半は顧客の前でストリップ、オナニー、生板ショーが繰り広げられる。

ストリップ劇場でのショーと同じだが、プロの踊り子ではなく、拉致された素人女がこれらを演じるのだから、当然、羞恥の表情が求められる。

 主演の芦名ユリアは細身の綺麗な身体で羞恥を程好く表現している。

 ここは団鬼六先生の世界である。

 オナニーショーはピンクの透け透け下着を着せられ、顧客の前で開脚、秘部へ指を這わせる、パンツを取れ、の指示に従い、今度は指を蜜壺に入れてかき回す。

 顧客たちは吸い付けられる様に前に出る。

 静かにイクッので「つまらない」、と叱られ、今度は2本のバイブでいたぶられ、昇り詰める寸前で外される、これを数回繰り返されて、貪欲になったところで、2本の肉棒にフェラをさせられ、増々、火が付いた肉欲が燃え盛る。

 ここで借金を作った弟が全裸で舞台に引き出され、芦名が演じる姉が弟にむしゃぶりつき性交に及ぶ。

 後半は考えられた筋書だが、中途半端に終わったオナニーをバイブで貪欲された直後に再度やらせて、派手にイカせて顧客を喜ばせて欲しかった。

凌●し甲斐があるし,見映えもします

芦名ユリアの肉体美は,凌●し甲斐があるし,見映えもします。

首輪と緊縛をされたボディー。

ステージ上で,オ○ンコを露わにした状態で玩具攻めを受け,公開フェラ&セックスを見せ,放尿までする。

口内汁出しまくりのイラマチオのシーンも興奮させます。

フェラは上手く,口マンコは強い。

でも,オ○ンコは並の女同様,感じて,イッてしまう。

メガネをかけたお顔は,さすがに元「淫語ブロガー」の雰囲気がある。

凌●されてもプライドを失わず,強烈な眼差しを見せたり,潮を噴いても喘がない・・・。

こんなド強い女も興奮させるので,そんな企画もお願いしたい。

「恥辱のショータイム 芦名ユリア」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました