【若菜ひかる】盛り上がりに欠ける – アイドルナース 危ない密室 若菜ひかる

FANZAのエロ動画レビュー

アイドルナース 危ない密室 若菜ひかる

清純派女優・若菜ひかるがナースとなり、卑猥な性調教で淫らなメスへと変貌していく!監禁され繰り返されるSEXにより、とめどないアクメを味わい続けたひかるのカラダは、もはやチ○ポ無しでは生きていけず…。

「アイドルナース 危ない密室 若菜ひかる」の本編動画はこちらから

女優名: 若菜ひかる

the sexを見せる女優

この子のカラミを見ると、いかに他の女優が演技でセックスしているかがわかる。

他のAVがつまらなくなる。

女の匂いに埋もれる肉棒で貫く一つに繋がった快楽お互いの体を貪り合うエロ小説でよくある表現がこういうものかとよく分かる。

それも、恥を意識しないのも当然の崩れた女優ならともかく、アイドル系がやる。

巨乳好きの自分は、この子がGカップ以上あったらもっと乳フェチなシーンがあったのに、そして挿入も盛り上がれたのに、と残念でならない。

可愛いひかるちゃん….

お尻はちょっと汚いけど、真ん丸な身体に一生懸命に咥えるひかるちゃんの顔は、可愛いです。

先生に犯●れるひかるちゃん…嫌がるひかるちゃんが、オマ○コを舐められ、ローターでクリをいじられながら指マンされ…感じ始めるひかるちゃん(いやらしい音がオマ○コから聞こえ、声も大きくなってます)、牢屋に監禁されたひかるちゃん…男に責められて徐々にいやらしくなっていくひかるちゃん…そして男の責めに感じまくるひかるちゃん…可愛いしエロいです。

オマ○コを舐められ、自ら男のチ○ポを舐め始まるひかるちゃん…男に激しく突かれ、Hに目覚めてしまうひかるちゃん…このままセルデビューして欲しいです。

若菜ひかる、は初めて見たけど …

可愛くて清楚な感じがして、なおかつ身体は159cm、B91W58H85というnicebody。

むっちりした、七海なな、か。

2006年2月24日デビューで、2006年10月27日releaseのこの作品が9作目。

1985年3月6日生まれの彼女、21歳なかば、か。

すでに引退。

この作品、なんといっても老雄(?)日比野の2回の絡みがよかったなあ。

元気だなあ、日比野。

医者の真央はじめにヤられちゃう絡みも、なかなかだったけど。

ひかる、結構、演技力、あるなあ。

患者(男優名、不明。

ときどは見かける)との絡みも恋人SEX風で、なかなか。

ということで、実に満足した作品。

このシリーズ、、この作品以降、releaseがないなぁ。

なんか・・・

不思議な作品でした。

ナースでいることの意味がない・・・。

でも、かわいいんで合格点です。

まぁまぁ

ドラマの力の入れようには評価するが、自分的に彼女にあまり魅力を感じなかった。

何か一昔前の作品を見ているようでした。

傑作

カラミは4回、きちんと筋立てができていて2時間フルの力作。

まずプロットが上手い。

次第に淫乱になる女という基本構造が演技によってではなく、台本の構成による女優の演技(カラミ)への心理状況の変化によって実現されているのが出色である。

最後のセリフがクサい、という見方もあろうが、これを自然にこの女優に言わせる脚本の上手さを見逃してはいけないだろう。

あとは女優の好みしだい。

最後のカラミのあとのご奉仕フェラはこれまでの若菜にはない気合の入ったものだ。

ただし、若菜ひかるは、このテンションを続けられるほどキレた人ではない(=普通の女の子だ)と思う。

この人の作品中、唯一無二の名作になるのではないか。

単なる抜き目的でも若菜ひかるの本気度が高い分、使えます。

ここ数年見たAVの中で、最高かもしれない。

う~ん

彼女自体は相変わらずかわいいのですが、デビュー以来あまり変化がないですね。

今回は軽いレ●プ気味のシチュエーションなどにもチャレンジしているようですが、なんか物足りなさは否めません。

今のキャラだけで勝負し続けるのには限界がありそうです。

なお一層の奮起を期待しつつ、かなり甘めの星2つです。

盛り上がりに欠ける

それなりの、顔と、プロポーションなのに、生かしきれてない作品でした。

「アイドルナース 危ない密室 若菜ひかる」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました