このシチュエーションに萌える人なら – 裸の大陸 特別編 インドで出会った愉快な路上生活者と中出しセックス

FANZAのエロ動画レビュー

裸の大陸 特別編 インドで出会った愉快な路上生活者と中出しセックス

世界を旅しSEXで国境を超えて交流する「裸の大陸」の特別編。

今回は世界第2位の人口を持ち多様な民族で構成されるインドを訪れ、独特な風土の中で現地人と裸の交流にチャレンジ。

現地人に交じり衣服を脱いでガンジス沐浴体験。

そして野外で現地人のマッサージを受けたり、さらにはサドゥと呼ばれる修行者との船上中出しSEXまで!

「裸の大陸 特別編 インドで出会った愉快な路上生活者と中出しセックス」の本編動画はこちらから

一般人に裸を見せるのがエロい

インド式エステのシーンが妙にエロいです。

普通にエステするだけですが、相手は一般人ですからAV撮影とは知らないのかな?などと考えながら見るとよいです。

他に、パッケージにもなってる水浴びのシーンや服屋さんでも一般人に裸を見せるという行為がいいです。

セックスシーンはソフトで、いたって普通です。

ただ、ありささんすら映っていないヒンズー教の儀式のシーンが長すぎて飽きてきます。

ここを早送りしないで全部見る人なんているんでしょうか。

中野ありさ嬢の“素”を垣間見る作品

中野ありさとインドを旅する番組+AVといった印象の作品。

AVである以上Sexもあるが、この作品の本質は中野ありさの普段をみることにあると思う。

見ての通り、最高のルックスに加えパイパン・童顔・低身長、他作品ではアナル・ハード系もあるというなかなかの強者だが、残念ながら引退済み。

今のAV女優にとっては当たり前のTwitter・Instagram等も現役時は行っておらず、魅力的にも関わらず彼女の“素の顔“を知る機会はほとんど無かった。

本作品では、旅行を通して性格を垣間見ることができ非常に楽しい(私はSexよりも旅行パートを繰り返し見てるほど)。

中々にハードな作品が多いため、彼女の好き嫌いは分かれると思うが「中野ありさが好き」を公言する人ならば勝手よしな作品であるのは間違いない。

他作品しか知らない方から見れば、「こんな普通の少女があんなハードな作品に」となること間違い無しである。

他作品への没入感が増すに違いない。

長々と書いたが、本編について触れさせてもらうとソフトなSex+露出がメイン。

他作品のハードさを知っている方からしたら物足りないかもしれないが、中野ありさらしさは消えてはいない。

緩急のある喘ぎ声・表情はもちろん、男優の突き方次第で変幻自在に潮を吹くおまんこはいつ見ても圧巻である。

特にとあるシーンでは、バックから突かれる度にバシャバシャとハメ潮を吹く場面があり、陳腐な言い方で申し訳ないが「最高」である。

AVとして見れば普通の域を出ない作品ではあるが、・中野ありさが好き・AV女優のTwitterやイベントを追っかけるのが好きこの2条件が噛み合えば迷わず購入して欲しい。

こちらに笑いかけてきたり、サンプルを見ての通り民族衣装を着た彼女を見れたりと、まるで一緒に旅行しているかのような気分を味わえる素晴らしい作品と言えるだろう。

ここに書いていないだけで、インドでの旅行のシーンは意外に多い。

全て書いてしまっては初見の楽しみが無くなってしまうため、後は自身の目で確かめて欲しいと思っている。

他の方のレビューにもあるが、儀式のシーンが長すぎるのは同感。

おそらくではあるが、機材トラブルでもあって録画できていなかった分のかさましではないかと勝手に想像している。

中野ありさを深く知るきっかけになって頂けたら幸いである。

中野ありさは最高に可愛い。

インド人?とのセックスw

インド人にしときましょうwそのインド人とセックスしっかりしています。

ボロ船の上とホテルでやってました。

可愛い女の子がまあそのインド人としてるわけですから興奮しないわけはありません。

撮りたい作品

「こういうのを撮りたい」ていう作品を、時間もお金もかけて実現しています。

今のAVにはなかなかできていない気がします。

雰囲気が良い

インドの雰囲気たっぷりの中でパンツ一枚でマッサージされたり露出してるのは新鮮でいいです。

抜けるかどうかは?ですが新鮮さに興奮しました。

このシチュエーションに萌える人なら

上のレビューにあるインド式エステもいいですが、サリーへ着替えるシーンやガンジス川でのトップレス等、「現地人に裸を見せる企画」が好きな方にはいいと思います。

ただ、肝心の修行僧とのセックスでは、修行僧役の人がどう見てもアフリカ系で、違和感があります。

「裸の大陸 特別編 インドで出会った愉快な路上生活者と中出しセックス」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました