ひなみれん少ない。 – 催●光線で支配された進学予備校 偏差値高い奴らをどん底へつき落とす屈辱の羞恥SP

FANZAのエロ動画レビュー

催●光線で支配された進学予備校 偏差値高い奴らをどん底へつき落とす屈辱の羞恥SP

催●光線シリーズ第3弾!今回の舞台は受験生たちが集まる進学予備校!主人公の翼は成績優秀で、予備校でもトップクラス。

その彼女である葵(処女)とは3ヶ月前に予備校で知り合い付き合うことになった。

成績ビリの浪人生堀田は、予備校用務員の山田の催●の力を知ることになる。

山田と堀田は催●光線の力で翼、葵、予備校生のふみ・なみ講師の池田を奈落の底へとつき落としていく…。

「催●光線で支配された進学予備校 偏差値高い奴らをどん底へつき落とす屈辱の羞恥SP」の本編動画はこちらから

これは傑作

寝取られ大好きなんですけど、奪われ度合いの段階があると思うんですよ彼氏大好き→犯●れて嫌がる→感じるようになる→積極的に求めるようになる→自主的に彼氏を見下し侮辱するこの5段階の流れをこの作品は全部抑えてくれてて最高です。

世の中のAV作品によっては最初の2・3段階目までしかないNTRも多く、浅く感じてしまい消化不良なのですが、5段階目まであるのはこの作品と胸糞注意のDQN武丸先輩のぐらいなので(そっちも初期作品は3・4段階目までだし)。

5段階目にあたるラストあたりのカップルの思い出を彼女が自分から踏みにじるシーンは最高です。

これこそ、寝取られ。

監督さんに敬意を表したい。

途中まではあれだが

基本的になんとなくハーレム感がなく残念確かに寝取ったり女教師の授業とかはよかったが、最後は主人公に女性がひざまつき予備校全体を支配し、美しい女性たちを入校させ支配者として君臨するような話がよかった。

脱糞も少し萎えました。

もうすこし有名どころで女優さんを固めてほしかったです

ドラマ催●avとしては良作

催●光線シリーズはドラマものとしては非常に優れた良作です。

今作は、予備校を舞台としNTR、常識改変、動物変化、公開排便等がメインとなっている。

大手メーカーが作るだけあってセットもしっかりしているし、女優も悪くはない。

安定して今作もおもしろい。

以下、シリーズ通してのネタバレを含みますしかし、今作は前作前々作と比べ劣っている感は否めない。

まず、新しい要素が特になく、同じようなシチュエーションがあり、そのシチュエーションも前作前々作に劣るように感じた。

NTRならシリーズ通してあるし、背徳感ならば前々作の家族恋人まとめて奪う方があった。

催●術による変な行動という点も前作の居酒屋での裸ダンス、野外での裸テニスの方がインパクトが強い。

あと話が急ぎ足であまり入ってこなかった。

あと前作と話が似ておりマンネリ感がある。

また、催●フェチとしては催●状態になっている姿もすきなので、前々作みたいにエフェクトなしで暗示を入れるごとに出して欲しい動物化とかもあったが今の時代リアル?な催●術の作品で動物化とかは他の作品でもある。

演技ものに求めるのは普通じゃできないエロゲみたいな行動だ。

前作前々作では完全奴●化や奇行などを通してそこが上手く表現できていたといえるが、今作ではそこに成功していないと思える。

しかし、不満点はあるもののそれは前の作品と比べたものにすぎず、普通に面白いし、抜きどころも多い。

続編で改善されることを期待して星4とします。

クオリティー高いです

脱糞もあるので下品度がかなり高いですこのシリーズ大好きなのでもっと続いてほしいです

待ってました!

今回も催●ファンのツボを押さえた作品でした。

良かったところ・催●術で彼氏をバカにして問題を解けなくするシーン。

エロ度は低いのですが個人的には一番興奮しました。

これぞ催●術!・彼氏の前で彼女と寝取られセックスシーン。

彼女が当たり前だと認識しているのが異常で良かったです。

惜しかったところ・動物化催●。

催●術で女性を動物にして辱めるシチュエーションは大好きなのでもっとはっちゃけて欲しかったです。

三人とも照れが見え隠れしていたようにみえました。

・机の上で脱糞シーン。

個人的には催●作品でスカトロは大歓迎ですが今作は余計だったように思います。

彼女や眼鏡女子なら良かったのですが、教師の脱糞シーンは正直気持ち悪かったです。

悪かったところ・作品自体が短く駆け足。

そのためこのシリーズの長所であるドラマシーンがブツ切りで話がイマイチ入ってきませんでした。

あと30分くらいあっても良かったのでは?・今作も健在のブス枠。

前作で不評だった配役が今回も散々です。

まず全員学生に見えない。

彼女役の女優も美人なのですがどう見ても受験生にはみえません。

辛うじて後半に出てくる女生徒二人は学生っぽいのですが周りがおじさんおばさんなので逆に浮いてました。

そして今作の戦犯、女教師。

もはや教師ではなく場末のキャバ嬢です。

話し方もバカっぽいので最初から全くストーリーに入っていけません。

ニコニコしながらSっぽいセリフを言うので違和感が凄いです。

さらに上記の脱糞シーンがこのキャバ嬢教師なので散々です。

個人的には女生徒三人を並べての脱糞が見たかったです。

いろいろ書きましたがこのシリーズの大ファンなので是非是非長く続けて頂きたいです!

己の妄想を超える世界

本日(18/3/21)いきなり?公開のようで即見てみることに。

塾が舞台で、主な登場人物は、大学進学を目指すカップルと塾の講師。

光線の主は最初は現れず、浪人生がのけ者にされる闇から支配者になるストーリー展開となる。

このシリーズは光線一発で全てを支配する単刀直入な催●だが、そこから繰り出される妄想の内容が常人を超えるという感じだ。

最初に、カップルが大学進学目指し幸せそうにしているのだが、これが餌食となる。

このシリーズには必ずある寝取りなのだが、カップルの女性は処女で彼氏とキスもしていないという設定。

そこに光線が発動し、女性は浪人生にファーストキスも奪われ、処女喪失もしてしまう。

ここで、例によって彼氏にはビデオカメラを持たせて撮影させる。

凝っているのかここで30分以上の長丁場の収録となっている。

ただ女優(あまり知らない)がGカップで見ごたえ十分、処女喪失のはずのエッチも騎乗位であまりにもAVらしいものであり、寝取りのシチュエーションよりも女優の体と演技に気を取られる感じだった。

次に、塾の講師が餌食となる。

放尿と飲尿をするのだが、光線発動による独自のシチュエーションとなっており、なかなか見もの。

そろそろ塾の教室全体に光線が発動されるが、前回もそうだったが光線一発であっという間に教室は闇に堕ちる。

女子校生の処女喪失エッチ、講師の脱糞、など、サンプル動画にもあるがそういったものが展開され、今回はスカトロが入っているのが新しいところ。

そして、最初のカップルの男性は彼女を寝取られた後も別の意味で闇に落ちていき、彼女にも捨てられる。

感じた事として、ちょっとパターン化しているような気もした。

今回は処女という設定もあったのだが、AVのエッチにしか見えなかったかな。

最初の寝取りエッチに30分以上かけているところからするとこれが売りなのか?最初幸せそうなカップルが、女が堕ちて彼氏をめためたに罵り捨てるというのはこのシリーズならではなのかな。

新作があればまた見てみたい。

というところです。

ウンコありならそういうタグつけるか書いといて!

表題の通り有名女優さんが出てないとかいう他の方のレビューもありますがそりゃ出ないわ・・・

ストーリーはハード、カラミはソフト。

物語としての完成度は高くて面白いですが、ややカラミが淡白。

基本的に主従関係なので女性側からキスを求めるような熱量が無く、男優側もクンニどころかマ●コに触れもしない乾いた性交。

杉浦ボッ樹や吉村卓のようなド変態にこの催●光線を持たせたら、きっとベロベロにナメ回すだろうなと考えると少々物足りなさを感じました。

ただ、女性をオナホ扱いするような支配感は高いので、イカせるよりも支配することにカタルシスを感じる人におすすめ。

主演:霧島さくら講師:希咲あやちびぽちゃJK:ひなみれん(赤渕蓮)ロリ貧乳JK:なごみ(天月叶菜)

ひなみれん少ない。

ひなみれんと先生役が気に入ったので買いました。

先生役のトイレのシーンが良かった。

「催●光線で支配された進学予備校 偏差値高い奴らをどん底へつき落とす屈辱の羞恥SP」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました