確かに「痺れ薬」は良いんだけど・・・。 – 旦那の居ない昼下がり隣の若妻を痺れ薬で肉人形 鶴田舞 29歳

FANZAのエロ動画レビュー

旦那の居ない昼下がり隣の若妻を痺れ薬で肉人形 鶴田舞 29歳

男は自分よりも背が高くスタイルも良い美人な隣の若妻に邪な欲望を抱いていた、犯したい、体格にも優れた女を●すために、意識はあるが身体が痺れて自由がきかなくなる薬を手に入れた、旦那が出かけた後奥さんの首に打ち込む、痺れた若妻を肉人形として●す、それをネタに男の邪な欲望の餌食になり続ける若妻の美肉。

「旦那の居ない昼下がり隣の若妻を痺れ薬で肉人形 鶴田舞 29歳」の本編動画はこちらから

う~~~~ん

コンセプトは良かったんですが後半に何の脈絡もなしで堕ちてしまったのがいただけない前半のエロはよかったのでそこをもう少し掘り下げれば名作になったと思います

いまいち

痺れ薬で意識がある中じっくりと・・・というのはよかったのですが、あとは普通にヤッてるだけでした。

物足りない。

痺れ薬

痺れ薬なので女の子の意識があるというコンセプトが眠剤レ●プとはちょっと趣向がちがいおもしろいと思います。

こういうドラッグ系にありがちなオーバーアクトとはちがう、控えめなあえぎ声とうつろな表情に興奮しました。

願わくば中出しならなおよかったな。

後半はあっさり調教されて凡庸ですが、痺れ薬のコンセプトがよかったので期待も込めて高評価します。

確かに「痺れ薬」は良いんだけど・・・。

ベルクカッツェさんがお書きになったとおり、着想は確かに良かったんです。

タイムストップ系などは無理無理でむしろかわいそうだし、昏●系は、かえって演技力がないとマグロになるだけでシラけるし・・・。

パッケージの「若妻の無表情」も良くて、期待ウズウズで観たんですが・・・。

残念ながらこのレーベルならではの「演出の中途半端さ」がここでも出てしまったんです。

痺れているなら足を広げたり、尻を持ち上げても固定しないはずなのに、しっかり筋肉使って奥さんみずからホールド。

いわゆる「脱力感」がないんです。

顔も普通のエッチをしている女性と同じなんです。

無表情だけど、眼や息づかい(もちろん瞬きはいいんですよ)でギャップを表現したほうが「痺れ」も活きるはず。

後半の無理な展開もまったくいりませんね。

いいアイデアなんだから、なんでもっと丁寧に作らないのかなぁ。

残念です。

「旦那の居ない昼下がり隣の若妻を痺れ薬で肉人形 鶴田舞 29歳」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました