プロの漫画家として活躍したいと思った場合、専門学校に進学して漫画制作のための基礎知識や技術などを学んでスキルを習得していくのが一つの方法となっています。

しかし、専門学校の全てが同じわけではなく、教育方針や実績などが異なっていますので、専門学校に入学する前には専門学校に求めるポイントは押さえておきたいところです。

そこで、ここでは漫画の専門学校を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

専門学校の選び方やおすすめの専門学校は、こちらのサイト(私が絶対おすすめするイラスト・アニメ・デザイン専門学校・通信講座ランキング)が参考になります。

漫画の専門学校を選ぶ際に押さえておきたいポイント

漫画の専門学校に通う場合、プロの漫画家としてデビューするための基礎知識や技術などの実用的なスキルを習得していく目的があるのですが、漫画の専門学校は一律に同じというわけではありません。

それを踏まえまして、ここからは漫画の専門学校を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

ニーズに合わせた受講コースの充実度

漫画の専門学校に進学する場合、親などから十分な支援を受けながら漫画制作に関する技術や知識を学べる方だけではなく、学費や生活費をアルバイトなどで稼ぎながら学校に通う方も少なくないと思います。

そんな状況の中では、通常の学校と同じようなスケジュールでは通い続けるのが難しいとは思います。

そんな方のため、専門学校の中には通信制や短期間、夜間、週末のみなど様々なスタイルで学ぶことができる環境が用意されている学校もありますので、受講コースが充実している専門学校に注目してみるのも自分のスタイルに合った学校が見つかる一つの方法です。

基礎をしっかりと学べる

漫画制作には様々な技術が必要ではあるのですが、その中でも最も大切な部分が基礎的な技術となっています。

漫画家を目指す方法として、学校に通わずに独学でデビューを目指す方法もあるのですが、基礎を学ぶ機会がない独学ではデビューに繋がるケースは少なくなっています。

一方、漫画の専門学校の多くは時間をかけて基礎を勉強することができますし、基礎の重要性を理解している専門学校では基礎の部分が重要視されていますので、独学で勉強するよりも有利に働く場合が多くなっています。

しかし、基礎を教えるカリキュラムは学校によって違いがありますので、どんなカリキュラムで自分にとって最も必要な知識や技術を学ぶことができるのか、また基礎学習の充実度などを事前にチェックしておくことが重要となっています。

デビューまでのサポート体制がしっかりしている

漫画家としてデビューするためには、自身がスキルを身につける努力が大切となっているのですが、専門学校の細かいサポートがあることにデビューに近づくことができます。

このサポート体制は、どの学校でも力を入れている部分ではあるのですが、講師によるマンツーマン指導や新人賞を受賞するためのテクニック、編集部が校舎に訪問しての持ち込みの受け付けなど、学校によって得られる恩恵には若干の差がありますので、サポート体制の充実度も入学前に確認しておきたいポイントの一つとなっています。

漫画業界にどの程度の繋がりがあるのか

漫画の専門学校は、プロの漫画家としてデビューすることが目的として勉強していきますので、学校を卒業した後のことも重要となっています。

そのためには、編集部や版元が専門学校とどの程度の繋がりがあるのかも大切なポイントとなっており、コネクションが強い専門学校になるほど有名な版元に作品を見てもらう機会などが多くなりますし、業界自体がどんな人材を求めているのかも把握しやすくなっていますので、専門学校と漫画業界の繋がりの深さに関してもしっかり調べておくことが将来設計において重要なポイントとなっています。

プロの講師の多さ

漫画の専門学校では、技術や知識を教えてくれる講師によって学べることは多くあるのですが、それだけではなく実際にプロの漫画家として活躍している特別講師が多く在籍してることにより、漫画家それぞれの個性や漫画制作の進め方などリアルな情報を得ることができます。

そのことにより、自分に合ったスタイルの漫画家から直接学ぶことができますし、多くの漫画家が在籍していることによってコネクションが強い専門学校とも言えますので、どのくらいプロの講師が在籍しているのかも事前に確認しておくことをおすすめします。

プロとして活躍している実績の多さ

より良い専門学校を選ぶ場合、プロとして活躍している卒業生の多さなどの実績も参考にするべき重要なポイントとなっており、漫画家としてデビューした人数や在籍中に獲得した受賞歴などが多いほど自身も漫画家としてデビューできる可能性が多くなります。

逆に言えば、目立った実績がない専門学校の場合はコネクションの強さにも疑問を感じてしまいますので、真剣にプロとしてやっていきたいと思うなら専門学校の実績は必ずチェックしておきたいポイントとなっています。

まとめ

漫画の専門学校を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて紹介してきましたが、将来の漫画家デビューに近づけるような学校の実績や学習体制はもちろん大事なのですが、自分に合った環境で学んでいくということも大切な要素だと思いますので、出来るだけ多くの体験入学やオープンキャンパスなどに足を運ぶことをおすすめします。